あっという間

前回の更新をしてから1ヶ月半。

色々なことがありすぎて3月の頭のことがもう去年ぐらいに感じる。

 

3月の頭は学生オケの合宿に3日間指導に行き、短い期間で一人一人に課題を見つけつつ少しでも克服できるように、もしくは今後克服できるように指導出来たかなと思う。

といってもほぼ初めて指導する人が多かったからペースは遅々としたものだったが。

曲の指導すべき範囲が指揮者から与えられていて、その範囲はやったもののみっちり全部をやるという時間はなかった。

今後、下の学年が演奏会までにどれだけ成長してくれるかがチェロパートの仕上がりに直結するような印象をもった。

上級生はハッとさせられる箇所が何ヶ所もあった。まだ技術面での問題が積み重なっていてクリア出来ては無いが一人一人の長所は光っていた。

若いエネルギー羨ましい。

 

オケの合宿が終わると1日おいて自分の門下とその周辺、自分の周辺の室内楽合宿があった。

 

これはかれこれ9年位続けているもので、最初のうちは自分が弾く側で参加して5〜6人で1.2曲やっていたものが数年前から約20人の参加者で室内楽の客だけで5曲、ソロも弾きたい人はソロも弾くという合宿になった。規模が少し大きくなってしまったから自分も指導に回り友人の音楽家にも指導に来てもらい手伝ってもらっている。

今回は4泊5日の合宿でそのグループ毎に宿泊数は異なるが、どのグループも帰る日にはみんなの前で発表会をして合宿の成果を聞いてもらう。

 最終日の発表会があると無いでは練習する方も教える方も本気度が違う。

今回はビデオカメラに録画してYouTubeにも上げてみた。

この合宿に何回か参加している人になるとその都度上達していくのがわかり、やっていて良かったなと思う。

 

3月の半ばは疲労からか体調を崩しつつもトリオの演奏会が何本かあったりバタバタ過ごした。

ハルヴォルセンのパッサカリアメンデルスゾーンのトリオのテレビカメラ収録が少し負担だったかなぁと思う。

 

それから指導に行っている高校の定期演奏会もあった。かれこれ5年指導に行っていて、年々確実にレベルアップしているのもありやっとここまで来たかという気持ちがあり、ステージは感動を与えていた。

 

3月の後半は生徒が4名コンクールに出場する為、自分も東京に行ってきた。

結果は3名入賞でよかったが、順位の付け方は若干疑問に思った。

東京では先生の家に行ったり楽器を調整、弓の修理、ドームシティでアトラクションに乗りまくり、食いまくり、遊びまくりと普段あまり出来ないことが沢山出来て、とてもリフレッシュできた。財布はすっからかんになったけれど笑

 

先生の家では滞在時間の殆どがチェロを弾く上での悩み相談で、しばらく解決出来なかったことに沢山のヒントを貰った。

またレッスンに来ないとなと思わされたので夏に行ければと思う。

 

 

そんな感じで怒涛の3月が終了。