あるチェリストの方の何気ないつぶやきに

 

僕にも夢はあったし、まだまだある。
叶えられた事もあったし、夢物語で終わった事も沢山ある。
明日夢だった事が1つ現実になる。
でも、現実になってから本当の物語が始まるんだなと思う。

 

という言葉にとても共感した。

 

僕自身夢は沢山今も持っているし増え続けてもいるが、その中でも叶えられたこともある。

叶えられた夢というのは、その時は大きな達成感もあるし喜びもある。

今思い出してももちろんあるが、沢山ある通過点の一つの大事な要所の一つだ。

そこで満足していたらそのままだったのかもしれないが、運良く前に進み続けている。

 

夢は叶えてからが物語の一つというのは叶えてからどれをどれだけ進めるかは自分で選択することができるという風に僕は受け取った。

もしかしたらその流れのまま流れに身を任せ進むという幸運な物語もあるかもしれないし、堕落して行くのも物語の一つかもしれない。

 

あんなコンサートしたい、あの人とコンサートしたい。あの場所でまたやりたい。ライフワークとしてあんな事をしたい。休暇が1ヶ月ほしい。良い楽器に巡り逢いたい。感性と知性、技術が欲しい。

 

 

夢というか欲求が沢山あるが、少しずつ叶えられていけるような人間になりたい。