チェロをはじめるまで

今はチェロという楽器を仕事にさせて頂いてるが、大学オケからはじめた所謂レイトスターターである。

今日はどうしてチェロを弾くようになったかというのを振り返ってみることにする。

 

 

俺がクラシック音楽に興味を持ち始めたのは高校生の時である。

ピアノ自体はヤマハの三歳児ランドというコースから小6迄続けた。

といってもずっと辞めたくて辞めたくて仕方がなかったし小学生の時はサボったことも沢山ある位のある意味親から押し付けられた習い事のような感じだった。

実際辞めてからの方がむしろ良く練習したと思う。

自分の好きな曲を好きなように弾くというのは楽しい。音楽自体は好きだったよう。本当の意味でアマチュアになった。

レッスンも無くなりレベルアップは遅々としてしなかったが。

 

高校に入るとピアノを弾く時間は無くなり、代わりにいろいろな音楽を聴くようになった。

ロックからクラシック、好きなアニメのサントラ、好きな曲を聴きまくった。

ちなみに彼女がベースだったのでギターもバイトをして買ってみた。

 

数ヶ月で飽きてしまったが。

 

そんなこんなで浪人を経て国立大学に入った。

大学では宇宙物理を勉強したかったのでそれが勉強できる学科に入った。

大学に入り最初の数ヶ月は同じ学科の人達や入っていた囲碁部の人達ととにかく遊んだ。初めての親からの解放と新天地での生活。

とりあえず毎日刺激が沢山あった。

 

どんな流れだったかは覚えてないが学科の可愛い子からオーケストラに入らないかと誘われ、何となく入った。既にその子には彼氏が出来ていたし、何とその子はそのまま結婚した。本当に何となくオケに入った。

楽器は高校生の時からバッハの無伴奏チェロが好きだったからチェロ一択である。

 

この頃はチェロを弾くということに前向きではなく、囲碁部の方の活動が楽しかった。

 

ともあれ確固たる信念もなく何と無くチェロを弾くというのを選択した。