スクールコンサート

所属していた大学オケには夏休みに県内、時には県外の幼稚園、小中高等学校を演奏してまわるという伝統?行事があった。

 

 

大学から楽器をはじめる人が殆どの一年生は、初めて人前で演奏する貴重な機会を得る。

 

そして夜には夜のスクールという名の飲み会が演奏会のあった日に行われる。この両方のイベントがオケ団員の夏の一大イベントとなる。

 

 

まず昼のスクールコンサートだが、正直弾けた記憶がない。というか弾いた記憶がない。弾けないのが悔しくて、サークルの楽器を保管している楽器庫で同期で経験者のバイオリニスト(後のコンマス)通称マグロと夜通しに練習した記憶がある。

その後もマグロと事あるごとに夜の楽器庫練は行われる事になる。学生時代に飲んでるか楽器を弾いてるか麻雀してるか馬鹿騒ぎしてるかはオケ連中の中では殆どがマグロとともにする事になる。

マグロとつるむに連れ、楽器がうまく弾けなくて悔しいという感情が少しずつ芽生えてきたのも事実である。

 

 

こう振り返ると楽器を初めてから要所要所にこういった大事な出会いや繋がりがあったことに気がつかされる。

 

 

 

 

スクールコンサートで初めて色んな楽器を目の前にする子供達はいつもテンションが高くて目がきらきらしている。

知っている曲をオーケストラで聞いたり、楽器紹介でそれぞれの楽器の音を初めて聞いたり、クラシック音楽を身近で聞く機会があまり無い子供達にとっては全てが新鮮である。

ほぼ全ての県でスクールコンサートは行われていると思うが、もっと身近にするにはどうしたら良いんだろう。

演奏を聴くということが特別な場として位置付けられ過ぎている気がする。

それは仕事の事だからまた考えよう。

 

 

 

 

 

昼のスクールが終わるとオケ行きつけの通称「はっぱち」という学生向けの呑み屋で飲む。

正直このオケの飲み会をどこまでどうやって書いたら良いのかわからない。というか書けることがほぼない。

一例で、はっぱちではないがス○○タスやい○ちこを瓶で一気するとどうなるかを体験できたと言っても今の時代良い印象は出てこないだろう。

 

自分の事だから言えるが醜態の例をあげると、コンバスのしーま先輩をけったあげくチビと罵ったらしい。温厚で優しいしーま先輩も怒ってしまったらしい。

 

今でも尊敬しているチェロのがたやま先輩に家まで送ってもらったあげく、次の日のスクールは二日酔いで休んだらしい。笑えない醜態である。

 

同期のばよりんの子に抱きついたらしい。しかも酒くっさいし吐瀉した後で。

消え去りたい。

 

 

他にも一年目のスクールではいろいろやらかしたみたいだが当の本人には記憶が全くない。先輩を初め同期の人には相当な迷惑をかけまくっていた。そしてその頃は相当生意気だった。

 皆さん本当にすみませんでした。

 

 

しかも楽器もそれまで全く弾きに来ない。そんな最低な状態だったからオケにハマったのかもしれない。

 何をやってもそれ以下のことがなかった。

 

 これまで様々な飲み会に参加してきた自負があるが、この大学オケの飲みは日本で何本かの指に入る屈指の酷い飲みだと思う。

しかし楽しかった記憶がある。

一晩二晩ならあの頃に戻ってみたい。

 

 

いや、、どうかな?

学生だからこそ楽しくできたのかもしれない。 

それを大人になってからというのは幼稚な考えな気がする。

  

 

スクールコンサートに出ていなかったらマグロやそのほかの同期とつるまなかっただろうし、そのままチェロを弾かずに囲碁部にもっとのめり込んでいたかもしれないし、人生どうなるかわからないものである。

 

人生は選択することである

f:id:cello617:20170614232911j:image 

随分と偉そうなタイトルである。

 

これは何かというと普通大学を卒業して音大に入った時の新入生代表として発表させて頂いた時のタイトルである。

 

随分前の事だが自分の中で大事な言葉だと感じている。

 

普通に大学に卒業したのだから一般就職するというのが常識である。

就職してサラリーマンになり、流れ作業の中に埋もれたくない。大多数の中の一人として埋もれたくない。興味のない事を延々と作業をこなすかのように人生何十年と生きていくのはつまらないものだろうとその時の自分は思った。 

 

 そこを自分はあえて自分の好きなチェロを弾いて生きていくというのを選択した。とても重い選択だと思う。

 

小さい頃からピアノ、バイオリンやチェロの教育を受けてきた人は当たり前のように音大に進学しプロになっていくという世界で、自分は専門的な教育はチェロのレッスンを四年間、それも月一回、もしくは二回だけだった。今冷静に考えても無謀だ。

 今は後悔はしていないが、音大に入りたての時はこの選択は本当に良かったのか自問したりした。ただやるからには腐っている訳にはいかない。中途半端に音楽をする訳にはいかない。

 

この地方の大学で一番に弾けるぐらいでは世の中で全く通用しないのだ。

 

 

 音楽でやっていこうと選択したのは綺麗事に聞こえるかもしれないが、この人生は一度しかないから自分が好きなことを仕事にしていきたいと思った。それだけだ。趣味で続けるくらいなら辞めるくらいの勢いだったと思う。

 

 

また先生に対しての憧れも強くあった。

音大に入る前に二人の先生に師事したがどちらの先生も第一線で活躍している。

 両方の先生が二人とも音楽、音楽に対する自分の在り方、物事の本質、問題に対する考え方を教えてくれた。

学校の勉強よりも深い事を教えてくれた。

 音楽で生きるという選択肢が頭の中に出てきたのはそうした先生に対しての強い憧れだった。

 

今の自分に憧れを憧れのままで終わらせずに少しでも近づいていきたいというモチベーションが途切れずあるのはそのお陰だ。

 

 

 

きっと今現在もこれからも常に新しい選択に迫られながら生きていくと思うが、後悔しないように生きていきたいと思う。

 

f:id:cello617:20170614232936j:image

 

ワイン

最近ワイン漫画の神の雫につられワインにハマりだしてます。

 なかなか面白い漫画で色々はワインが出てきます。

 

昨日一昨日は安いボルドーワイン🍷を飲んでみました。

ただなんか飲んだことあるのと全然違ったのでネットで調べてみたら典型的なクズワインとのことでした、、 

ジュースとかだったらそんなハズレってないと思うんだけどワインって難しいんですね。素人には全く判断つかない、、

楽器みたいだ。

ハズレ楽器みたいな。

 

よくわからないうちに話し出すと後々恥を書くからやめよう。

 

昨日はワインのリコルクの道具とフランスのカベルネソーヴィニオンのワインを買ってみました。

とりあえずチーズも。

 

あとで調べたら濃いめのワインにはコンビニの惣菜とかも合うそうな。

そういえば神の雫でも最初の時にそんな話題があったような。

 

漫画に出てきたワインも飲んでみたいなぁ。

初期に出てきたシャトー・モンペラも飲んでみたい。

 

なかなか深遠な世界に足を踏み出した気がします。

囲碁部とオケ

オケに入ってはみたが、その前に囲碁部に相当のめり込んでいたからチェロを弾くのは優先順位としては

囲碁

勉強

遊び

オケ

みたいな感じでさっぱり行かなかった。

 

今思ってもチェロにのめり込むまでの経緯というのは突然だったかもしれない。

 

囲碁部は毎年個人戦団体戦の大会が春と夏、秋にあるから棋力をあげるのに毎日のように囲碁の勉強をしていた。

部活があるときは午前から夜の最後まで先輩達と打っていたし、無い日は家や他のところで囲碁を打っていた。

同じ年に入部した数人と良く遊んだり飲んだりしていたからオケには全く顔を出さなかったと思う。

当時の自分は囲碁部の先輩に対しても生意気だったし、若かったなあと思い出すと恥ずかしい。

 

 

初めてオケにいった時の事はうっすら覚えていて、構え方や持ち方などを軽く教えて貰った。

チェロの音どう?

って聞かれても正直体に馴染んでなさすぎてよくわからなかった。

 

2回目に練習に行ったときは弦の人は分奏だったため、先輩にここで練習してねと言われ楽器を出したは良いものの弓の毛の張り方がわからず練習出来ないという笑える思い出がある。

確かに弓の張り方を知らないとは先輩も思わなかっただろう。

この2回目の時点で他の一年生は分奏に参加していたのだから大分後から入ってきたくせにどれだけ楽器弾いていないのかという話である。

 

そんなペースでオケに顔をしばらく出すのだが、夏には県内の小学校や中学校等色々な学校を10校位まわって演奏するスクールコンサートがある。

これは大学の夏休みの一大イベントで昼のスクール、夜のスクールとオケ生活が少しずつはじまる。

 

その話はまた次回。

チェロをはじめるまで

今はチェロという楽器を仕事にさせて頂いてるが、大学オケからはじめた所謂レイトスターターである。

今日はどうしてチェロを弾くようになったかというのを振り返ってみることにする。

 

 

俺がクラシック音楽に興味を持ち始めたのは高校生の時である。

ピアノ自体はヤマハの三歳児ランドというコースから小6迄続けた。

といってもずっと辞めたくて辞めたくて仕方がなかったし小学生の時はサボったことも沢山ある位のある意味親から押し付けられた習い事のような感じだった。

実際辞めてからの方がむしろ良く練習したと思う。

自分の好きな曲を好きなように弾くというのは楽しい。音楽自体は好きだったよう。本当の意味でアマチュアになった。

レッスンも無くなりレベルアップは遅々としてしなかったが。

 

高校に入るとピアノを弾く時間は無くなり、代わりにいろいろな音楽を聴くようになった。

ロックからクラシック、好きなアニメのサントラ、好きな曲を聴きまくった。

ちなみに彼女がベースだったのでギターもバイトをして買ってみた。

 

数ヶ月で飽きてしまったが。

 

そんなこんなで浪人を経て国立大学に入った。

大学では宇宙物理を勉強したかったのでそれが勉強できる学科に入った。

大学に入り最初の数ヶ月は同じ学科の人達や入っていた囲碁部の人達ととにかく遊んだ。初めての親からの解放と新天地での生活。

とりあえず毎日刺激が沢山あった。

 

どんな流れだったかは覚えてないが学科の可愛い子からオーケストラに入らないかと誘われ、何となく入った。既にその子には彼氏が出来ていたし、何とその子はそのまま結婚した。本当に何となくオケに入った。

楽器は高校生の時からバッハの無伴奏チェロが好きだったからチェロ一択である。

 

この頃はチェロを弾くということに前向きではなく、囲碁部の方の活動が楽しかった。

 

ともあれ確固たる信念もなく何と無くチェロを弾くというのを選択した。

はじめました。

今まで始めよう始めようとは思っていたけれど何となくする気にならなかったブログをはじめてみます。

 

毎日チェロを弾いたり教えたりして生活しています。

 

 

どうぞよろしくお願いします。